建築設備綜合ゼミナール最新情報

第117回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『スマートウェルネスの最新動向 ~健康増進・快適性、知的生産性の向上に向けて~』
日時
2017年8月9日(水) 13:30~17:30(13:00受付開始)
企画主旨
平成29年4月より、建築物エネルギー消費性能の基準への適合が義務化されました。建物の省エネ性能の向上に加え、健康寿命を伸ばすため多方面で心身の健康を増進する取り組みも進められており、厚生労働省によりメンタルヘルス対策が強化されています。企業においても、社員の健康を生む、働く環境性能の向上などが、生産性の向上と企業活力につながるとの認識が普及しつつあります。今回のゼミナールでは、最近話題の『スマートウェルネス』に焦点を当て、その考え方や、健康増進・快適性、知的生産性の向上に寄与する建築設備分野との関わりなどを中心に紹介していただきます。
内容
講演内容
【基調講演】
スマートウェルネスに配慮した建築・設備へのESG投資に向けて
早稲田大学 理工学術院 創造理工学部建築学科 教授  田辺 新一 氏

【事例紹介】
ワークプレイスデザインとワークスタイルに関するこれからの潮流
シービーアールイー株式会社 ワークプレイスストラテジー
アソシエイトディレクター  奥 錬太郎 氏

スマートウェルネスオフィス実現への取り組み
大成建設株式会社 技術センター 都市基盤技術研究部
エネルギー研究室 課長代理  市原 真希 氏

健康を支える放射整流空調の技術
木村工機株式会社 事業推進本部 営業開発センター  齊藤 一成 氏

集中度評価指標と集中度向上照明
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 先進技術開発センター
人間工学技術部  大林 史明 氏

フジクラの健康経営への取り組み
株式会社 フジクラ 人事部 健康経営推進室 副室長  浅野 健一郎 氏

場所
東京ガス株式会社本社2階大ホール 東京都港区海岸 1-5-20
JR 浜松町駅より南口連絡通路 徒歩 3 分 / 都営大江戸線・浅草線大門駅より徒歩 5 分
受講料
会員 12,000円 / 一般 15,000円
申込締切
2017年8月2日(水)まで

お申し込みはこちら

このページの先頭へ