新技術・製品FORUM最新情報

第63回新技術・製品FORUM

テーマ
「IoTによる設備機器の予防保全と維持管理の省力化」
趣旨
建築設備はいかに維持管理を徹底しても、経年による物理的劣化(自然劣化や熱・磨耗等による劣化)は避けられず、竣工後一定の年月を経過すると性能が低下し、故障が発生しやすくなります。そのため、定期的な診断による設備機能の現状の把握と、それを評価する診断測定法が必要になります。
これまでこの設備診断は、工数のかかる巡回点検や検査によって行われてきましたが、少子高齢化社会を迎え、IoTにより設備の状態を常に見える化した保全技術を取り入れ、設備異常の兆候を捕らえる「予防保全」に関心が高まってきています。
今回のテーマは、「IoTによる設備機器の予防保全と維持管理の省力化」と称し、故障に至る前の変調を見逃さず事前に対応することで、トラブルの発生を防止するとともに、維持管理の省力化が図れる技術・製品をご紹介します。
終了後は、発表者と参加者で交流を深めていただくため名刺交換会を予定しております。皆様お誘いあわせのうえご参加いただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
日時
2018年11月8日(木)13:00~17:00(17:00~18:00 名刺交換会)
場所
専売ホール 東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F
JR田町駅三田方面口 徒歩5分 / 地下鉄三田駅慶應大学口 徒歩4分
参加費
会員4,000円 / 一般5,000円 (会場費等の一部にあてさせていただきます)
申込締切
2018年11月1日(木)まで
プログラム内容
【基調講演】
BIMモデルを活用した建物情報の統合プラットフォーム「BIMWilll」
株式会社 大林組 本社 建築本部PDセンター 上級主席技師  焼山 誠 様

【技術・製品の説明】
・IoT活用による機械の健康診断
オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部
コンポ事業部 タイマ・監視PMグループ  安田 泰平 様

・IoTを活用した電気設備診断と維持管理の効率化
株式会社 明電舎 ICT統括本部 企画部 担当部長  井上 和重 様

・オンライン異常予兆検知システム BiG EYES
アズビル株式会社アドバンスオートメーションカンパニー エンジニアリング本部
ITサービス推進部 部長  木村 大作 様

・空調機の遠隔監視データを活用した故障予知と予防保全
ダイキン工業株式会社 サービス本部 企画部システム技術担当課長  渡邊 聖二 様

・設置環境に合わせた、振動による設備保全AIサービスのご紹介
株式会社 スカイディスク 取締役 最高執行責任者 COO  金田 一平 様

※題目、発表者、発表順、時間変更の場合もありますのでご了承ください。
※講演者様の諸事情により講演時の映写データと配布資料が異なる資料があります。
 予めご了承ください。

お申し込みはこちら

このページの先頭へ