新技術・製品FORUM最新情報

第60回新技術・製品FORUM

テーマ
「ホテルの最新設備システム」
趣旨
2012年度から2016年度の訪日旅行客数は、前年度に対して21.8%~47.1%の高い伸び率を続けて、2016年度は2,000万人を超えました。(日本政府観光局統計資料による)その影響は、東京・大阪・京都などのホテル予約時に、空き室が見つけにくいことや宿泊料金の上昇で、出張や旅行を計画する際に実感することが多くなりました。また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは、ホテルの需要は大きく増えるといわれています。この数年、ホテルの新築や新築の計画について報道される機会が目立つようになりました。
これまで紹介される機会が少なかった「ホテルの設備」に係る最新の技術をテーマとして、IT技術の活用・空調・衛生・照明設備システムに関するFORUMを開催いたします。
終了後は、発表者と参加者で交流を深めていただくため名刺交換会を予定しております。皆様お誘いあわせのうえご参加いただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
日時
2017年11月21日(火)13:00~17:30(17:30~18:20 名刺交換会)
場所
専売ホール 東京都港区芝5丁目26番30号 専売ビル8F
JR田町駅三田方面口 徒歩5分 / 地下鉄三田駅慶應大学口 徒歩4分
参加費
会員4,000円 / 一般5,000円 (会場費等の一部にあてさせていただきます)
申込締切
2017年11月14日(火)まで
プログラム内容
【基調講演】
ホテルにおける建築設備の動向
株式会社 日本設計 第1環境・設備設計群 シニアエンジニア  伊藤 彰高 氏
不特定多数の人々に多様な目的で利用されるエネルギー多消費型の施設であり、24時間365日使用される高い信頼性が要求される施設であるホテルの建築設備の動向やあり方についてご講演頂きます。

【メーカーによる技術・製品の説明】
・ホテル市場におけるIT設備のトレンド
NECネッツエスアイ株式会社 営業統括本部 マーケティング本部
マーケティング推進グループ マネージャー  安藤 寿祥 氏
昨今のホテルITは、スマートデバイスの進化とともにサービス内容も形も変わってきています。そこで重要となる通信インフラの改善を踏まえ、ホテルITの動向とトレンドをご紹介します。

・給湯設備の循環配管における熱LOSS対策とエネルギーコストの低減
ペンテェア テクニカルソリューションズ株式会社
サーマルマネジメント事業部 セールスマネージャー  磯部 茂樹 氏
サーマルマネジメント事業部 エレクトリカルマネージャー  小林 哲也氏
給湯配管にヒーティングケーブルを取り付けることで温水を必要な温度に保持することができる、循環や戻り配管が不要なエネルギー効率と衛生に優れた給湯温度保持システムについてご紹介します。

・最新のホテル向け空調機とコントローラーのご紹介
三菱電機株式会社 冷熱システム製作所 営業部 空調営業課 課長  斎藤 俊輔 氏
新型のホテル向け空調機の特長をご紹介。素早く快適な温度を実現できる「速冷・速暖」機能や、施工性、メンテナンス性の向上に加え、海外からのお客様やご高齢の方でも簡単に操作できるよう視認性・操作性を向上した新リモコンについてご紹介します。

・あかりによる「おもてなし」と「照明維持・管理」
コイズミ照明株式会社 東京支社 LCR東京
建築環境照明デザイン室 室長  折居 直純 氏
リピーター増大のための空間価値向上(快適睡眠システム、美しく魅せる光、空間価値を高める光、空間価値を高める照明デザイン)と照明維持・管理 (次世代型照明制御 DALIシステム)についてご紹介します。

※題目、発表者、発表順、時間変更の場合もありますのでご了承ください。
※講演者様の諸事情により講演時の映写データと配布資料が異なる資料があります。
 予めご了承ください。

お申し込みはこちら

このページの先頭へ