環境・設備デザイン賞
Environmental and Equipment Design Award

環境・設備デザイン賞について

建築における環境・設備技術の役割は一段とその重みをましており、建築のデザインに対して、設備機器や設備システムのデザインが大きく関与していることが明らかとなってきています。
環境・設備デザインは、建築設備分野において従来あまり意識されることのなかった審美性などの「感性」に関する要素に焦点をあて、これに「機能性」「経済性」と環境問題も視野に入れた「社会性」を加えた4つの評価軸により、総合的かつ客観的な評価が可能と考えます。環境・設備デザインに的確で客観的な評価が広く一般社会に公開され、認知されることが望ましいと考えます。
そのために優秀な「環境・設備デザイン」に対して賞を送って表彰することを趣旨とします。

部門構成

Ⅰ.設備器具・システムデザイン部門
汎用性のある設備器具・設備機器・設備システムを対象とする部門

  1. 一般に利用される設備器具・設備機器・建築機材(建具など)の他、専門家が扱う器具、機器など設備システムを構成する要素を含む
  2. 電気設備・空調設備・給排水設備・防災設備・都市基盤施設などを対象とし、機械室や裏方に設置されるものを含む
  3. 再生可能エネルギーを利用するための機器やシステム
    (※再生可能エネルギーは、「太陽光」「風力」「水力」「地熱」「太陽熱」「大気熱」「バイオマス」等をいう)

Ⅱ.建築・設備統合デザイン部門
設備機器、システムが調和的、機能的に統合化されている環境建築を対象とする部門

  1. 設備機能が建築空間の中に統合的に計画されたもの
  2. 設備機能を建築的な工夫で隠蔽したもの或いは建築的にその機能を果たしているもの
  3. 通常隠蔽されている設備システムを調和的に露出させたもの
  4. 再生可能エネルギーや再生材を利用した環境建築

Ⅲ.都市・ランドスケープデザイン部門
建築とランドスケープの調和、都市空間や広場の提案など、より広がりのある地域や空間・環境を対象とする部門

  1. 建築とランドスケープの調和などの他、地域環境の保全や回復に取り組んだもの
  2. 道路や公園緑地、都市インフラ、まちなみ・景観など地域環境の向上に取り組んだもの
  3. 地元産材の利用や地域エネルギーの活用など、地域風土に適した取り組み
  4. 面的なエネルギーの活用、防災性やレジリエンシーに配慮した自立型インフラの形成などに取り組んだもの

第15回環境・設備デザイン賞

第15回環境・設備デザイン賞

日程
応募登録申し込み 2016年10月 3日
応募登録締め切り 2016年11月18日
応募作品提出締め切り 2016年12月20日
第一次審査(公開審査) 2017年 3月 8日
第二次審査(公開審査) 2017年 4月14日
授与式 2017年 5月24日
応募要項・申込書類

協賛について

協賛の詳細については事務局までお問い合わせください。
協賛にご同意される方は「第15回協賛お申込書(PDF形式)」をダウンロード後、必要事項をご記入のうえ事務局までFAXにてお申込みください。
FAX受付後、事務局よりご連絡いたします。

デザイン賞の様子

第一次公開審査会

第一次公開審査会

第二次公開審査会

第二次公開審査会

授与式

授与式

Ee・DESIGNについて

E&E DESIGNマーク

「E&E DESIGNマーク」は、その作品が環境設備デザイン賞を受賞したことを証するマークで、主催者である一般社団法人建築設備綜合協会 環境設備デザイン賞実行委員会(以下 主催者)が所有する商標(申請中)です。
「E&E DESIGNマーク」は、環境設備デザイン賞の英語表記である、“Enviirronmenttall and Equiipmentt Desiign Awarrd”を基にデザインされ、“いいデザイン”と呼称します。

このページの先頭へ