建築設備綜合ゼミナール開催履歴

117回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『スマートウェルネスの最新動向 ~健康増進・快適性、知的生産性の向上に向けて~』
日時
平成29年8月9日(水)
趣旨
平成29年4月より、建築物エネルギー消費性能の基準への適合が義務化されました。建物の省エネ性能の向上に加え、健康寿命を伸ばすため多方面で心身の健康を増進する取り組みも進められており、厚生労働省によりメンタルヘルス対策が強化されています。企業においても、社員の健康を生む、働く環境性能の向上などが、生産性の向上と企業活力につながるとの認識が普及しつつあります。今回のゼミナールでは、最近話題の『スマートウェルネス』に焦点を当て、その考え方や、健康増進・快適性、知的生産性の向上に寄与する建築設備分野との関わりなどを中心に紹介していただきました。
内容
基調講演 「スマートウェルネスに配慮した建築・設備へのESG投資に向けて」
早稲田大学 理工学術院 創造理工学部建築学科 教授  田辺 新一 氏

事例紹介 「ワークプレイスデザインとワークスタイルに関するこれからの潮流」
シービーアールイー株式会社 ワークプレイスストラテジー アソシエイトディレクター  奥 錬太郎 氏

「スマートウェルネスオフィス実現への取り組み」
大成建設株式会社 技術センター 都市基盤技術研究部 エネルギー研究室 課長代理  市原 真希 氏

「健康を支える放射整流空調の技術」
木村工機株式会社 事業推進本部 営業開発センター  齊藤 一成 氏

「集中度評価指標と集中度向上照明」
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 先進技術開発センター 人間工学技術部  大林 史明 氏

「フジクラの健康経営への取り組み」
株式会社 フジクラ 人事部 健康経営推進室 副室長  浅野 健一郎 氏

第116回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『建築物省エネ法適合義務化 ~最新情報とその対応策~』
日時
平成28年12月9日(金)
趣旨
我が国において、エネルギー消費の効率化、燃料の転換等により産業・運輸部門のエネルギー消費量は減少傾向にありますが、民生部門(業務・住宅)のエネルギー消費量は依然増加傾向にあります。
このような現状を背景に、建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」が平成27年7月1日に国会において成立し、平成27年7月8日に公布されました。この法律により、住宅以外の一定規模以上の建築物のエネルギー消費性能の基準への適合義務、エネルギー消費性能向上計画認定制度(容積率特例)の創設等が講じられました。
本ゼミナールでは、平成29年4月より適用される建築物のエネルギー消費性能の基準への適合義務化とその先へ向けた行政の施策、適合認定機関の審査内容、各種基準適合性判定プログラムの有効な活用方法等の、最新状況を各関係者より解説いただきました。
内容
基調講演 「適合義務化と今後の施策 」
国土交通省 住宅局住宅生産課 建築環境企画室 企画専門官  福井 武夫 氏

省エネ法とその対応 ~解説~ 「省エネ基準適合性判定から建物竣工まで」
日本ERI株式会社 省エネ推進部 副部長  高橋 彰 氏

「WEBプログラムと有効な活用方法」
株式会社 ティーディーシー 取締役 エンジニアリング部
統括マネージャー 渡邊 統之 氏

「BESTプログラムと有効な活用方法」
株式会社 日本設計 環境設備設計群 品川 浩一 氏

パネルディスカッション「ディスカッションの趣旨説明と課題解説」
コーディネーター
一般社団法人 建築設備綜合協会 会長 秋元 孝之 氏
(芝浦工業大学 工学部 建築工学科 教授)

パネラー
日本ERI株式会社 高橋 彰 氏
株式会社 ティーディーシー 渡邊 統之 氏
株式会社 日本設計 品川 浩一 氏

第115回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『IoT・ビッグデータ 建築設備における活用拡大に向けて』
日時
平成28年8月29日(月)
趣旨
近年のIoT・ビッグデータ等の発展により、従来の産業・ビジネスモデルが大きく変革する可能性があります。
建築設備業界では、「エネルギーの見える化」や機器の運用管理を中心として,データの収集・分析する技術を蓄積してきました。IoTやビッグデータの技術は1ランク上の性能向上や運用管理、省エネ化を提供することを可能とし、さらには建築、建築設備のビジネスのあり方を変えてしまうほどのインパクトがありそうです。
今回のゼミナールでは、建築設備分野の未来について、IoT・ビッグデータ等の施策や有効活用により新しい付加価値やサービスを創出するためのヒントを紹介していただきました。
内容
基調講演 「超スマート社会からみた建物(住宅)のIoT化」
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 情報・人間工学領域研究戦略部 研究企画室 室長 谷川 民生 氏

事例紹介 「IoT・ビッグデータの動向と活用推進に向けたポイント」
株式会社 野村総合研究所 上級コンサルタント コンサルティング事業本部 ICT・メディア産業コンサルティング部 前原 孝章 氏

「IoTとビッグデータ が新しい価値を生み出す、ビジネスイノベーションを支える日立の取組み」
株式会社 日立製作所 ICT事業統括本部 サービス営業推進本部 ソリューション販売推進部 主任技師 塩入 亮太 氏

「東京電力パワーグリッドが取り組む新規事業のご紹介」
東京電力パワーグリッド株式会社 経営企画室 新事業開発グループ 課長 鍋谷 雄一 氏

「BEMSデータの高度利用による省エネルギーへの取り組み -大規模事務所ビルにおけるEFDetector®(エネルギーフォルト検知システム)の活用事例-」
鹿島建物総合管理株式会社 建物管理本部 本部次長 日沖 正行 氏

「提携クレジットカードにおけるカードデータを活用した提携先マーケティング支援(商業施設運営)」
三越伊勢丹グループ 株式会社エムアイカード 経営企画部 マーケティンググループ グループ長 肥後 龍治 氏

第114回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『最新情報!!スマートコミュニティへの取組』
日時
平成28年2月24日(水)
趣旨
近年、東日本大震災の震災復興や2020年のオリンピック・パラリンピックの開催による東京の更なる成長に向け、環境都市機能や防災都市機能のより一層の向上を図り、エネルギーの安定確保と効率的な利活用を可能とする「スマートグリッド」や、それを基盤とした社会システム『スマートコミュニティ』への取り組みが注目されています。特に東京では、国家戦略特区を中心とした様々な大規模再開発計画に『スマートコミュニティ』の考え方が盛り込まれ、その実現が現実味を帯びてきています。しかしながら、『スマートコミュニティ』の実現のためには、需要家視線による官・民・地元の協力に基づいた地域のニーズを先取りするスマートグリッド技術や最新自立分散技術などの要素技術を用いた電力・熱供給システムや社会インフラ構築のための事業スキームの確立が不可欠であります。そこで、今回のゼミナールでは、スマートコミュニティ研究の第一人者である東京大学の野城副学長にスマートコミュニティの総括的な役割や「建築設備」との関わりにも触れ幅広い知見を紹介頂き、デベロッパー、エネルギー会社、総合建設業、機器メーカー等の皆様から最新のスマートコミュニティへの具体的実例をご紹介いただきました。
内容
基調講演 「スマートコミュニティ:その可能性と課題」
東京大学 副学長 生産技術研究所 教授  野城 智也 氏

事例紹介「三井不動産の日本橋スマートシティ」
三井不動産株式会社 ビルディング本部 環境・エネルギー事業部長  丸山 裕弘 氏

「田町駅東口北地区 スマートエネルギーネットワークによる省CO2街づくり」
東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社 エネルギーソリューションカンパニー 常務執行役員  小西 康弘 氏

「スマートコミュニティの取組事例と今後の展望」
清水建設株式会社 執行役員 ecoBCP事業推進室 室長  那須原 和良 氏

「エネルギー全体最適への取り組み ~需要と供給、両サイドからのアプローチ~」
アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー マーケティング本部 環境マーケティング部 部長  甘利 健 氏

第113回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『建設産業革命 BIM最前線(その実例と課題)』
日時
平成27年8月24日(月)
趣旨
近年、設計・見積り・施工・メンテナンス等、建築の各フェーズでのBIM(Building Information Modeling)の活用が現実味を帯びて来ています。当初はその視覚的なインパクトから主にプレゼンテーションのツールとしての役割を多く担っていましたが、次第に施工の現場での干渉チェックや見積りツールとしても実用的に使われるようになりつつあり、今後は、施工時の出来高管理、施工図作成整合性の確認、検査記録作成チェック、さらには竣工後のFMにまで拡大した用途への活用も模索されています。しかし、それぞれの作業には未だ解決しなくてはいけない多くの課題も有り、さらに各ステップの相互関係をどのように連携していくかにも大きな課題が残されています。そこで、今回のゼミナールでは、『建設産業革命 BIM最前線(その実例と課題)』と称して、私たち設計事務所、総合建設業、専門設備会社、機器メーカー、建物維持管理会社等建築設備分野に携わる多くの関係者にとっての業務改革の切り札と呼ばれているBIMについて、国内外のBIMの最新の具体的実例をご紹介いただきました。
内容
基調講演 「BIMによる建築生産の変化の可能性」
芝浦工業大学 工学部 建築工学科 准教授 志手 一哉 氏

「BIMによる建築生産プロセス変革(スマートBIMコンストラクション)へのワンステップ~大林組技術研究所オープンラボ2~」
株式会社 大林組 本社建築本部PDセンター 主席技師  焼山 誠 氏

「3DスキャナとBIMの連携 ~某機械室内の熱源設備改修工事~」
東洋熱工業株式会社 技術統轄本部 技術研究所 研究員 三浦 貴広 氏

ライフサイクルBIM ~NTTファシリティーズ新大橋ビルの事例~
株式会社 NTTファシリティーズ 研究開発本部 アドバンストFM部門 主任研究員 松岡 辰郎 氏

シンガポールにおけるBIM先進プロジェクトの実例と課題~マーケットストリートタワー~
株式会社 竹中工務店 東京本店 設計部 設備部門 設備4グループ 主任 伊勢田 元 氏

「設備設計のBIMの現状とこれから」
株式会社 日建設計 エンジニリング部門 設備設計グループ 理事 副代表 設備設計部長 飯塚 宏 氏

第112回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『話題の大型複合施設における建築設備計画とその課題』
日時
平成27年2月25日(水)
趣旨
『あべのハルカス』や『東京スカイツリー』など「交通結節点」「複合用途」「垂直型コンパクトシティ」と呼ばれる複数の複合大規模プロジェクトが次々に竣工され、それぞれ規模の大きさだけでなく多様な空間機能を有することで街区・地域に対しても大きなインパクトを与えている。これからの低炭素化や防災強靭化の課題に対し、各プロジェクトが抱える課題をどのように解決し完成にこぎつけたのかを各プロジェクトの設備設計者から紹介頂きました。
また、事例報告に先立って今後の低炭素化・BCPなどに対応するための我が国の都市づくりについて、国土交通省大臣官房 審議官の田村 計氏に行政の立場からお話頂きました。
後半のパネルディスカッションでは環境・設備計画の分野でそれぞれ共通する課題あるいは相違点などについて忌憚ないご意見をいただき、これからのこの種のプロジェクトのあるべき姿等について議論を行いました。
内容
基調講演 「低炭素・BCDなどに対応するための今後の我が国の都市づくり」
国土交通省 大臣官房審議官 都市局担当  田村 計 氏

「あべのハルカス」の建築設備計画
株式会社 竹中工務店 大阪本店 設計部 企画プロポーザル部門 企画グループ長 坂口 佳史 氏

「東京スカイツリータウン」の建築設備計画(地域熱源設備を中心として)
株式会社 日建設計総合研究所 理事 上席研究員 岡垣 晃 氏

「JPタワー」の建築設備計画
株式会社 三菱地所設計 機械設備設計部 主幹 佐藤 博樹 氏

「虎ノ門ヒルズ」の建築設備計画
株式会社 日本設計 環境・設備設計群 グループリーダー 嶋田 泰平 氏

第111回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『設備工事における省力化の取り組み』 ~建設労働者不足などに対する設備工事各社の試み~
日時
平成26年8月27日(水)
趣旨
東日本大震災の復興と2020年東京オリンピック開催決定による建設需要の増加、更に建設労働の担い手不足や資材の高騰等による現場における労働者不足や資機材高騰は設備工事業界においても深刻な問題となっています。本ゼミナールでは、こうした問題にどの様に対処していくかを課題に、設備工事会社による現場での省力化に向けた取り組み事例、成功・失敗事例など発表して頂き、業界全体で認識を共有し、この難局を一丸となって乗り越えるきっかけを提供できればと考えております。
内容
建設業の人材確保・育成に関する国土交通省の取組について
国土交通省 土地・建設産業局 建設市場整備課 課長 屋敷 次郎 氏

現場省人化に向けた取組み
新日本空調株式会社 技術本部 施工技術推進センター長 田村 稔 氏

排水のない配管フラッシング工法の紹介
高砂熱学工業株式会社 本社 技術本部 新技術開発部 担当課長 山口 淳志 氏

電力量計(WHM)の配線確認試験の効率化
株式会社 関電工 営業統轄本部 品質工事管理部 技能管理チーム 内線作業長 三枝 晃 氏

現場省力化に向けてのBIMソリューション
新菱冷熱工業株式会社 技術統括本部 BIMセンター長 岸本 洋喜 氏

パネルディスカッション
【コーディネーター】
一般社団法人 建築設備綜合協会 理事 ゼミナール委員 内藤 潔 氏(清水建設株式会社 建築事業本部 設備・BLC本部 設備技術部 設備技術部長)

【パネラー】
新日本空調株式会社 技術本部 施工技術推進センター長 田村 稔 氏
高砂熱学工業(株) 本社 技術本部 新技術開発部 担当課長 山口 淳志 氏
(株)関電工 営業統轄本部 品質工事管理部 技能管理チーム 内線作業長 三枝 晃 氏
新菱冷熱工業(株) 技術統括本部 BIMセンター長 岸本 洋喜 氏

第110回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『最新の病院施設計画と超高齢社会の医療福祉建築への取り組み』
日時
平成26年2月27日(木)
趣旨
医療における建築計画・設備の技術は日々進化を遂げている。近年の重要なポイントは医療施設のBCPと省エネグリーン化技術であろう。一方、今後世界的にも事例のない超高齢社会に向かう日本の医療のあり方も問われている。これまで主体とされた急性期医療中心の高度な医療施設は少しずつ充足傾向に向かい、一方で療養型の医療施設を含めた医療・福祉・介護施設の充実へと大きな方向転換が迫られている。本セミナーでは、医療福祉設備に関わる最先端の知見をお持ちの学識者・コンサルタント・実務設計者の方々にご協力頂き、「最新の事例」「医療施設のBCP」「グリーン化」「超高齢社会への展望」などのテーマ毎に施設の在り方などについて自由にご意見を述べていただきます。
内容
最新の病院施設計画と超高齢社会の医療福祉建築への取り組み
株式会社 伊藤喜三郎建築研究所 取締役 環境技術本部長 鈴村 明文 氏

超高齢社会に対応した医療施設の今後
株式会社 竹中工務店 医療福祉・教育本部 主監 辻 吉隆 氏
超高齢時代を迎える医療施設のあり方等について現在の急性期医療から療養型医療施設へのパラダイムシフトなどについて講演

病院施設の今後
日本ヘルスケアプランニング株式会社 代表取締役 八田 正人 氏
病院行政の動き、今度の病院設備のありかた等について、現状と今後の展望について講演

次世代型グリーンホスピタル『足利赤十字病院』
株式会社 日建設計 設備設計部門 設備計画部 主管 塚見 史郎 氏
最新の高度な医療施設のBCPの省エネ・環境共生技術について紹介

病院設備設計 考察
株式会社 久米設計 環境設備設計部 部長 横山 大毅 氏
急性期および療養型医療施設などの中から講演

高齢者施設における計画のポイント
大成建設株式会社 設計本部 建築設計第5部 部長 松村 正人 氏
主として療養型医療施設の建築計画について講演

パネルディスカッション
パネラーの発表を基に「最新の病院施設計画と超高齢社会の医療福祉建築への取り組み」について議論

【コーディネーター】
株式会社 伊藤喜三郎建築研究所 取締役 環境技術本部長 鈴村 明文 氏

【パネラー】
株式会社 竹中工務店 医療福祉・教育本部 主監 辻 吉隆 氏
日本ヘルスケアプランニング株式会社 代表取締役 八田 正人 氏
株式会社 日建設計 設備設計部門 設備計画部 主管 塚見 史郎 氏
株式会社 久米設計 環境設備設計部 部長 横山 大毅 氏
大成建設株式会社 設計本部 建築設計第5部 部長 松村 正人 氏

第109回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『建築関係者が語る最新の学校建築の計画・設計・施工・管理』
日時
平成26年8月6日(火)
趣旨
建物の完成までには規模の大小にかかわらず、立場・職種が異なる多くの方々が係わっています。その係わりは建設時のみならずその建物が存続する限り継続します。一品生産である建築物は、完成までに工業製品にはない幾多の産みの楽しみと同時に苦しみを、それぞれの関係者(ステークホルダー)が共有・体験されます。
今回は2011.4より運用され、斬新的な建築設備システムを導入して今注目されている『東京電機大学東京千住キャンパス』をクローズアップして、その設計、設備工事及び建物管理に係った方々にご協力頂き、「防災」「負荷削減」「高効率手法」「再生可能・未利用エネルギー」などのテーマ毎に設計・施工・管理の在り方などについて自由にご意見を述べていただきます。
内容
趣旨説明・基調講演
今回のゼミナールの趣旨と対象建物の概要、建築設備における特徴ある技術・システムの簡単なご紹介。さらに建物の建設から維持管理におけるFBなど上流から下流までの連携の重要性などについてご講演いただきます。

【コーディネーター】
一般社団法人 建築設備綜合協会 理事一般社団法人 建築設備綜合協会 理事 芝浦工業大学 工学部 建築工学科 教授 秋元 孝之 氏

施設概要説明
東京電機大学 常務理事 工学博士 射場本 忠彦 氏
建築主である射場本教授から対象建物のコンセプトと施設概要を環境分野のプロフェッショナルとしてのお立場からお話いただきます。

パネルディスカッション
本プロジェクトにおけるいくつかの重要テーマごとに射場本教授と百田准教授より各要素技術について御解説いただきます。それらを受ける形で各パネラーの皆様からは、それぞれの立場における課題とその解決方法・その成果と反省等を語っていただきます。また、建物運用後に実施されているコミッショニングについても各パネラーよりお話いただきながら、最適運用についても議論していただきます。

【コーディネーター】
一般社団法人 建築設備綜合協会 理事 秋元 孝之 氏(芝浦工業大学 工学部 建築工学科 教授)

【パネラー】
・建築主
東京電機大学 常務理事 工学博士 射場本 忠彦 氏
東京電機大学 未来科学部 建築学科 准教授 百田 真史 氏

・設計、設備施工、建物管理会社
(日建設計、日建設計総合研究所、東洋熱工業、関電工、鹿島建物総合管理など予定しております。)

第108回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『設計事務所設備設計者が語る、最新の設計思想』
日時
平成25年2月27日(水)
趣旨
高度成長期から建設ラッシュを迎えたわが国は、その後多くの建物がその時代背景の中で生まれた社会ニーズ・顧客ニーズに沿った設計思想のもとで、その時代の建設・建設素材・情報通信の技術革新に裏打ちされた高い品質の建物を作り続けてきました。そして、昨年の東日本大震災において想定外のことが起こりこれからはさまざまなリスクが何時、どんな形で降りかかってくるか予想できない状況の中で、災害にたいするレジリエンスの高い建物の計画を進めなければならない状況です。それと同時に日本のエネルギー需給の構造が大きく変化し、再生可能エネルギーの利用の促進・建物のZEB化・スマートビル・スマートコミュニティへの対応等、大きく社会環境が変わってきました。一方、地球温暖化防止という観点からCO2削減という大きな命題も与えられています。
そこで、建物用途の独自性を捉えて、技術革新によって計画がどのようにかわってきたか、社会の状況変化をどのように設計思想に反映して計画してきたか、各用途の建物の最新の事例を基準として、その設計思想・計画手法の変遷を設備を中心に判りやすく解説していただき、今後、東日本大震災以降の状況変化にどのように対応していかなければならないか、パネルディスカッションで設計者としての思いを語っていただきます。
内容
各設計者からの物件の設備概要
各パネラーから建物の概要、コンセプト、売り物など本パネルディスカッションのテーマに沿った内容をご紹介いただきます。特に省エネ・省CO2やエネルギーセキュリティなどエネルギーに係わる各建物の最新技術をご説明いただくと共に、昨今の電力不足など新しい課題に対する特徴的な取り組みなどを設計担当者の立場でご紹介いただきます。

パネルディスカッション
パネラーの発表を基に「各施設計画の設計思想と注目点」「東日本大震災以降の設備設計のあり方」の2つのテーマで議論を行っていただき、これからの課題に対する解決方法や今後の方向性について議論していただきます。

【コーディネーター】
一般社団法人 建築設備綜合協会 理事 芝浦工業大学 工学部 建築工学科 教授 秋元 孝之 氏

【紹介建物およびパネラー】
『新潟日報メディアシップ』
(株)石本建築事務所 執行役員 環境統合技術室長 木村 博則 氏

『東京都立多摩総合医療センター・小児総合医療センター』
(株)日建設計 設備設計部門 設備設計部 技術長 粕谷 浩司 氏

『東工大環境エネルギー・イノベーション棟』
(株)日本設計 環境・設備設計群 主管 阿久津 太一 氏

『ザ・ゲートホテル雷門』
(株)松田平田設計 総合設計室 環境設備設計部 部長 丸山  純 氏

『埼玉メディカルパーク』
(株)山下設計 環境設計部門 部長 倉田 雅史 氏

第107回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『 建築設備の開発物語(その1) 』 -建築と生活を変えた人と技術の物語-
日時
平成24年11月30日(金)
趣旨
現在の我々の周辺には、様々な設備機器が当たり前のように存在しています。これらの設備機器は今や日常生活には無くてはならないものとなっています。しかしながら、60数年前、戦後の焼け跡から再出発した時代には、これらの設備機器のみならず、風呂ひとつ無い生活が当たり前でした。このような生活が如何に不便で、日常生活や仕事を根底から覆すものかは、阪神大震災や東日本大震災とそれに続く電力不足で多くの人が実感しました。また、このような事態を再発させない試みが様々な方面で開始されています。
そこで、この今をつくり上げてきた背景にある多くの技術者の知恵と努力を振り返り、奥に潜む建築設備技術の基盤を理解していただき、パネルディスカッションではその製品のみならず、建築設備がこれからも技術革新により可能性がどこまで広がり、市場マーケットがどこまで伸びそうか、夢を語っていただきたく企画いたしました。
なお、講師陣は、必ずしも日本で最初の開発者というわけではなく、世の中のニーズを敏感に感知し、試行錯誤の上、悩み抜いて開発した個人や組織の有様を語って頂く事が趣旨になります。
内容
社会が求めた技術が時代を変えた(設備開発の時代背景)
一般社団法人 建築設備綜合協会 名誉会長元 早稲田大学教授 石福 昭 氏

シーズからニーズへ(ウォシュレット開発物語)
TOTO株式会社 執行役員 マーケティング本部長 野上 薫 氏

ガラパゴスから世界へ(ビルマル開発物語)
ダイキン工業株式会社 空調営業本部 カスタマーサポートセンター 副参事 枝廣 克幸 氏

貯める技術が地球を救う(蓄電池開発物語)
株式会社 GSユアサ リチウムイオン電池事業部  企画本部 部長 中満 和弘 氏

第106回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『最新のゼネコン自社施設への取り組みと今後の展望』 -各社の設備設計担当者が語る-
日時
平成24年9月19日(水)
趣旨
ゼネコン各社は自社関連施設の計画に際して、自社開発の機器やシステムを、その性能確認・実証の場として導入している。近年は、単なる省エネだけでなく、環境配慮設計、知的生産性、ゼロエネルギー、ゼロカーボンなどのコンセプトに沿って時代を先取りした画期的な機器・システムの導入も試行されている。
さらに、震災以降は、節電やBCPなどのニーズに対応するため、設計者としてだけではなく、自らがモルモットとなり、施設を利用する立場での専門的な評価結果を学会などで発表し注目を浴びている。
本ゼミナールはパネルディスカッションを中心にゼネコン各社が総力を挙げて計画・設計・施工した最新の超省エネ自社施設を通して、建築と設備の計画手法、システムや機器の機能・性能、コミッショニングや竣工後のチューニングなど、業界全体に係わる多くの課題と今後の方向性を探る。
内容
趣旨説明
【コーディネーター】
一般社団法人 建築設備綜合協会 会長 佐藤 信孝 氏((株)日本設計 取締役副社長執行役員)

各建物の紹介と今後の方向性
各パネラーから建物の概要、コンセプト、売り物など本パネルディスカッションのテーマに沿った内容をご紹介いただきます。特に省エネ・省CO2やエネルギーセキュリティなどエネルギーに係わる各建物の最新技術を予測や実測値を織り交ぜながらご説明いただくと共に、昨今の電力不足など新しい課題に対する特徴的な取り組みなどを設計担当者の立場で紹介。

パネルディスカッション
パネラーの発表を基に「各施設計画の注目点」「技術者個人の立場から旬の話題」の2つのテーマで議論を行っていただき、これからの課題に対する解決方法や今後の方向性について議論。

【コーディネーター】
一般社団法人 建築設備綜合協会 会長 佐藤 信孝 氏((株)日本設計 取締役副社長執行役員)

【紹介建物およびパネラー】
『大林組技術研究所本館』
(株)大林組 名古屋支店 設備設計部長 伊藤 剛 氏

『鹿島建設技術研究所研究棟及び実験棟』
鹿島建設(株)建築設計本部 設備設計統括グループ グループリーダー 弘本 真一 氏

『清水建設本社ビル』
清水建設(株)新本社設計室 設備設計グループ 設計長 高橋 満博 氏

『大成建設札幌支店ビル及び技術センター(リニューアル)』
大成建設(株)設計本部 設備Ⅱ群 熊谷グループ シニアエンジニア 梶山 隆史 氏

『竹中工務店本社社屋』
(株)竹中工務店 東京本店 設計部設備部門 副部長 設備担当 白鳥 泰宏 氏

第105回建築設備綜合ゼミナール

テーマ
『BCP 東日本大震災で何が変わったか』
日時
2012年2月24日(金)
趣旨
東日本大震災では、地震と津波と放射能汚染災害という想定外の複合災害により広域での甚大且つ壊滅的な被害を受け、地域社会そのものの存続にも大きな影響を与えている。それにより、地域行政や地域社会を形成する企業も含め、あらためて事業継続計画(BCP)の策定の重要性とその導入が促進されるべきことが確認された。
そこで、第105回ゼミナールでは、復旧・復興計画や近未来に想定される大地震災害に向けての最大の課題であるBCPをテーマとし、今回の東日本大震災の教訓を踏まえ、今までのBCPの考え方がどのように変わっていくかを主眼に、事業継続や機能維持の考え方、リスク評価手法に基づく被害の定量的予測手法、リスク評価全体の中での設備機器の位置づけ、建物使用エネルギーの需給調整技術などの設備対応、それらを基にした建物機能維持・適応能力の考え方、BCP対応建物の実施例などを関係各社の方々にご講演頂いた。
内容
事業継続(Business Continuity)の取り組みと建物のレジリエンス(建物機能維持・適応能力)の考え方 -「建物機能継続計画」の策定について-
国立大学法人 豊橋技術科学大学大学院 工学研究科 建築・都市システム学系 准教授 増田 幸宏 氏

東日本大震災を踏まえた東京都の防災対策 -東京都防災対応指針-
東京都 総務局総合防災部 情報統括担当課長 星 智雄 氏

災害への対応事例と東日本大震災以降の事業継続マネジメントの進展 -次なる脅威を乗り越えられるか-
株式会社NTTファシリティーズ BCPビジネス本部 上席コンサルタント 佐藤 沢 氏

震災後の新しい設備対応 -分散型電源と負荷制御を統合した建物使用エネルギーの需給調整技術-
清水建設株式会社 技術研究所 地球環境技術センター所長 沼田 茂生 氏

地震リスク評価によるBCP対応 -建物の機能と復旧曲線の定量的評価手法を中心として-
大成建設株式会社 技術センター ニューフロンティア技術開発室 坂本 成弘 氏

東京ガス磯子スマートハウス集合住宅版実証試験について -様々なエネルギーをつくる・つながる・分け合う家-
東京ガス株式会社 リビング企画部 省エネルギー・新エネルギー推進G 榎本 奈津子 氏

このページの先頭へ